【勉強が苦手な人向け】効率的な資格勉強の進め方!

お疲れさまです!
うみんちゅ(@u_mintyu)です。

ITに限らず、資格取得はキャリアアップに必要なことですよね。
社会人になってから、「学生時代にちゃんと勉強をしておけばよかった。。
と後悔している方もいるのではないでしょうか。(うみんちゅもその一人です)

うみんちゅは新卒入社した一年間で、CCENT/CCNA/LPICLv1,Lv2/基本情報処理技術者/ITILファンデーションを取得しています。


あくまで資格ですが、IT未経験で入社した初年度に基礎的なところはクリアしたつもりです。

「時間がとれない」「何から手を付けていいかわからない」という方に向けて
効率的な資格取得のコツをご紹介します。

勉強を始める前に!

I太郎
I太郎

こんにちは、I太郎です!自慢じゃないですが勉強は苦手です!

T之助
T之助

こんにちは、I太郎くん。
勉強が苦手な人でも大丈夫です。
まずは始める前にやることから説明しましょう!

勉強に取り掛かる前に、明確にしておくべきことがあります。
それは、「何故この資格を取得したいのか」をしっかりと自分の中に落とし込むことです。

【目的を明確にする】ことは非常に重要です

なんとなく始めた、会社に指示されたから、という受動的な理由で資格取得に動き出した方も、資格を取ることによってどのような変化が生まれるかを考えてみてください。

目的を明確化することができたなら、可視化しましょう。
紙に書きだすでも、iPhoneのメモ帳に書き込むでも何でもいいです。


忘れたころに思いだすためにもアウトプットしておきましょう。

POINT
POINT

目的を明確化し、目に見える形にアウトプットしよう!

資格取得の期限を具体的に決め、公言する

I太郎
I太郎

勉強の目的はわかったけど、なんか身が入らないなぁ

T之助
T之助

I太郎くん、資格を取る期日は決めていますか??

I太郎
I太郎

う~ん、今年中には取ろうかなって思ってます!

T之助
T之助

具体的な期日を決めずに進めるのはよくありませんね。
このままだと、だらだらと時間だけが過ぎていきますよ!!

I太郎
I太郎

うっ、たしかに、手を付けてからもう1ヶ月も経過しちゃってる…

勉強が思ったように進まないというタイプの方は、I太郎くんのように「~までには取ろうかな」という進め方をしていることが多いです。

資格取得を効率的に進めるには、具体的な期日(ゴール)を決めることが大切です。

〇月〇日までに取得する!!

という具体的な期日を定めることで、ゴールにたどり着くまでにクリアすべきポイントを逆算してスケジュールを組むことができます。

漫然と勉強を進める方法は得策ではありません。
どんな人でも、ゴールが見えていないと頑張ることはできませんからね。

そして期日を決めたら、SNSでも友人でも上司でも誰でもいいです。
私は〇月〇日までに取得します!と公言しましょう。

やらざるを得ない状況に自分を追い込むのです、この方法は結構効きます(笑)

POINT
POINT

具体的な期日を決めてスケジュールを作成しよう!

三日坊主にならない習慣(アクションプラン)の作り方

I太郎
I太郎

期日も決めたし、宣言もした!
達成するために毎日1時間勉強するゾ!

T之助
T之助

ちょっと待ってください。
毎日1時間、本当に続けられますか?

I太郎
I太郎

え、とりあえず毎日勉強はしなきゃと思って決めたのに

T之助
T之助

目標達成のためにやるべきことを「アクションプラン」といいます。
アクションプランは現実的に実行可能なものでなければ意味がありません!

「アクションプラン」を作成して実行することで、確実に進めていくことができるようになりますが


無茶なアクションプランを設定しては意味がありません。

よくありがちなのは、「毎日〇〇時間勉強する!」というアクションプランを立てることです。

I太郎
I太郎

毎日1時間の何が問題なのサ。

I太郎くんの不満顔もわかりますが
アクションプランは毎日確実に実行できることが大切なのです。

体調が悪いときでも1時間の勉強はしますか?(うみんちゅは絶対にしない)
残業が続いて帰宅も遅く、疲れているときに1時間も勉強できるでしょうか。

屁理屈をいうな!とツッコミがきそうですが
ここでポイントなのは

理由をつけてやめやすいアクションプランでは、モチベーションが下がりやすくなるのです。

一度でもやらないと、自分の中でアクションプランの優先度がガクッと下がります。
まあ、今日は頭痛いし。。とか、明日2時間やればいいか。とかドンドンやる気が下がっていく危険性があります。

日々のアクションプランは、勉強をする習慣をつけることが目的なので
あまり高い目標値を設定する必要はないのです。

めんどくさいけど、やっとくか。と思えるくらいがちょうどいいでしょう!

ちなみに、うみんちゅは「一日一回参考書を開く」というプランが鉄板です。

やる気がないときは、開いて10秒で閉じてもよいのです。
このレベルなら、やれない理由を見つけるほうが難しいと思いませんか?

そんなん勉強じゃないだろ!!
という意見もわかりますが、習慣化ですから、実際にこれで資格取得できてますので許してください…

POINT
POINT

毎日必ず実行できるアクションプランを立てよう!

専門用語との上手な付き合い方

I太郎
I太郎

勉強を進める準備はできたけど、専門用語が多すぎて理解できません…

T之助
T之助

初めからすべてを理解しようと頑張りすぎてませんか?
特に未経験の方にとってIT用語は暗号に近いですからね、時には諦めることも必要ですよ。

I太郎
I太郎

諦めたら合格できないじゃないか!

T之助
T之助

言い方が悪かったですね。
「こういうものなんだ」という形で捉えて先に進むのも一つの方法ということです。

いよいよI太郎くんは、実際に参考書や過去問を利用して資格取得に向けた勉強を開始しましたが
IT未経験のI太郎くんにとっては専門用語が多すぎて理解が追い付かないようですね。

突然の専門用語に理解が追い付かないのは当然です。

IT現場で活躍している現役エンジニアでも、なにそれ?という言葉を聞くことが往々にしてあります。

そこで、まずは全体をボヤっと形で捉える意識をおススメします。

例えば、IPアドレスの勉強をしているときに、下記のような文が出てきたとします。

【例】
IPアドレスの採番では、ユーザ要件に合わせた適切なサブネットマスクを設定し、拡張性を持たせることが大切です。
ホスト50台にIPアドレスを割り当てる要件に対して、サブネットマスク:255.255.255.192を設定しました。
設計後のユーザ要求により、追加ホスト20台にIP採番が必要になったときを想定すると上記の設定に問題はあるでしょうか。
※IT用語は太文字にしています

この文章を初見でみたとします。

なんのこっちゃ。ですよね。

例としてわかりやすいIPアドレスの話を出しましたが、実際に勉強を進めるとこんなものでない複雑さを秘めた文章がガンガン出てきます。

本当ならば、用語一つ一つを完璧に理解してから先に進みたいところですが
時間が限られている社会人には、そんな暇ないです。

IPアドレスには、サブネット/拡張性/ホストが関連してるんだな。
くらいで先に進みましょう。

そのまま進めていくと、頻出するワードがあるはずです。
頻出ワードが最も優先して覚えるべき専門用語です。

覚える用語に優先順位をつけましょう。

I太郎_
I太郎

じゃあ、流し読みでいいんだね!!

T之助
T之助

それは極論すぎますが…
重要なワードさえ押さえておけば、あとは進めるうちに理解できたりするんです。

I太郎
I太郎

たしかに、かたっぱしから用語の意味を調べていくのは効率的とは言えないかも。

POINT
POINT

最初は形で捉えることで、専門用語に優先順位をつけよう!

今回のまとめ

I太郎_
I太郎

無計画の勉強方法から抜け出せるかも!

T之助
T之助

勉強が苦手=頭が悪いというわけではないのです。
本当に頭が悪い人なんていないと思っています。
ただ、やり方が遠回りしてしまっているだけですね。

新卒社員の方や、IT未経験の方がよくおっしゃるセリフがあります。
「私は頭が悪いから、覚えることができないんです。」

この思考は非常にもったいないです!!!

この思考を持ってしまうと、自分で逃げ道を作っているため、出来るはずのことが出来なくなります。

理解できない、単語が覚えられないのは「やり方が適切ではない」からです。
あなたのポテンシャルの問題ではありません!

本記事で紹介している勉強の進め方もあくまで一つの方法です。

個人個人によって、適切な勉強方法は異なります。
どうか、「できない」のは自分の能力が低いためだと思いこまないでください。

I太郎
I太郎

T之助さん!僕頑張ってみます!

T之助
T之助

はい、自分の能力が低いなんて思い込みは捨てましょう!

みんな最初は初心者なんですからね!

POINT
POINT

本記事のポイントまとめ!
① 資格を取得する目的を明確にして、可視化しよう!
② 具体的な期日を定めて、クリアすべきことを記載したスケジュールを作ろう!
③ 勉強の習慣をつけるためのアクションプランを立てよう!
④ 最初は全体像を捉える意識で、専門用語に優先順位をつけよう!

資格を取るための勉強方法を紹介しました!

少しでもお役に立てましたら幸栄です。

それでは皆さん、よいITライフを!!

最新情報をチェックしよう!