3分でわかる!Facebookの仮想通貨「Libra(リブラ)」とは

お疲れ様です。
うみんちゅ(@u_mintyu)です。

Facebookが開発している新しい仮想通貨「Libra(リブラ)」について3分で読める解説をします!

I太郎
仮想通貨といえばビットコイン!
T之助
リブラは大きな可能性を秘めているのですよ

Libra(リブラ)の概要

2019年6月18日 Facebookより仮想通貨「Libra(リブラ)」が発表されました。
※以下、リブラと表記します。


Facebookという大企業から新たな仮想通貨が発行されるとはビッグニュースですね。

リブラのコンセプトは


「多くの人に力を与える、シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラになること」


です。

国とか住んでる場所とか関係なく、統一的な価値をもつモノをつくりあげますよ!
ってことです。


リブラは、貧しい人たちが高い手数料を払わなければ金融サービスを受けられない現状に危険信号を出しています。


もっと自由に資金のやり取りをしようよ!
あと、資金の移動処理に時間かかりすぎじゃない!?



という課題を取り上げて、多くの人が持つスマートフォンを利用した新しい貨幣および送金システムを作ろうとしています。

T之助
全世界の人が共通の価値でやり取りできるシステムがあれば、便利ですよね。

Libra(リブラ) の「安全性・対応力・柔軟性」

素晴らしいコンセプトのリブラですが、肝心の中身はどうでしょうか。

リブラは既存の仮想通貨を元に開発されたものではなく

完全オリジナルな仮想通貨です。


特徴は以下の通り

  • 数十億のアカウントに広く対応できる、スケーラビリティ性(対応力)
  • 資産や財務情報の安全性を守る、高いセキュリティ性(安全性)
  • 金融サービスの拡大を進めるための、柔軟性


難しい文章ですね。
かみ砕きましょう!

・どんな人でも使えるようにしてあげるよ!
・個人情報とか、お金を盗まれたりしないように対策するよ!
・リブラが普及すれば、今までの金融業界ひっくり返せるよ!
 
みたいなことですね。

 

貨幣を使う人に新しい価値観を与えることが最大の目的みたいなところがあるので

リブラの性能がすべて実現できるのであれば、世の中が大きく変わることは間違いないでしょう。

Libra(リブラ)とビットコインの違いは?

どれだけすごい性能を計画していても、実現させる方法がしっかりしていなければ意味がないですよね。

仕組みに関して、ビットコインと大きく異なる点は

コンソーシアムブロックチェーン

という仕組みで運用されるということです。


ビットコインやほかの仮想通貨は「パブリックブロックチェーン」という仕組みで運用されています。

取引について、第三者が情報を見ることができるのが「パブリックブロックチェーン」です。



それに対して、リブラは第三者が他人のコイン取引情報を見ることができません。

信頼できるいくつかの企業や団体によって、取引が管理されるのです。

これによって、取引者以外が悪意をもって何かをするというリスクを減らすことができますが

逆にいうと、取引団体の匙加減がいくらでもききますよね。

取引の不透明さが問題として挙がっているのも事実です。


I太郎
独占禁止なんちゃらにはならないの?
T之助
ひとつの企業が独断で仕切るわけではありませんし、ゆくゆくは「パブリック」に移行する予定だそうです。

裏付け資産について

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨ですが

裏付けとなる資産はあるでしょうか??

実は、ないんです。

ビットコインと結びついている資産=現実のなにか

が全く存在していないため

価値が変動しやすいというのが今の仮想通貨市場ですよね。
(一晩で30万ちかく値下がりして、保有者を地獄に落としたりしてます)

リブラはこの現状をよく思っていないため

リブラリザーブ

というシステムをつくって、リブラの価値が変動しにくいような工夫をしています。

リブラリザーブの説明をしようとすると、それだけで記事が一本かけるため

簡単に、とってもかみ砕いて説明します(そんな感じね、程度に認識してださい)

保有コイン(リブラ)をドルとかユーロとか公的貨幣と結び付けて保管する。

いや、ちげーよ!という有識者の皆さんは許してください。
だいたいこんな感じです、いい線はいってるはず。

裏付け資産として、公的な貨幣と結びつけるので大きな値崩れがしにくいってことです。

Libra(リブラ)協会について

確かにすごそうだけど、他の仮想通貨と同じようなもんじゃない?

という感想を持ってしまいますよね。

ここで秘密兵器「Libra協会」の出番です。

本部をスイスのジュネーブに置くこの協会は、独立・非営利・メンバー制の組織です。

リブラが実際に稼働した際には、このリブラ協会が運営をしていきます。


すごいのが協会のメンバーです。
みてください。

・Facebook
・PayPal
・Visa(10/23 撤退を表明..)
・MasterCard(10/23 撤退を表明..)
・eBay
・Coinbase
etc.


そうそうたるメンツが並んでますよね。

決済・ブロックチェーン・テクノロジー・ベンチャーキャピタル(投資会社)といった各ジャンルの大手企業です。


現時点ではFacebookが主導権を握っているわけですが

あくまでも最終決定権はこの協会にあるということです。
このメンバーの顔触れからして、世界で注目されるのも納得してしまいますね。

Libra(リブラ)現状の課題と今後の動き

いいことづくしに見えるリブラですが

もちろん課題があります。

最も大きな課題は、セキュリティの問題!


Facebookは過去に数万単位の個人情報流失事件を起こしていますよね。

このことから「本当に安全性あんのか?」という疑問が数多く寄せられています。


FacebookのザッカーバーグCEOは全力で対策をすると述べてますが
有識者からは厳しい指摘が飛んできているのが現状です。

「これと言って突出した部分がない」 
「期待外れ」


なんていう意見もあり、「開発を中止しろ」なんで言葉も飛んでくるくらいです。


しかし、Facebookレベルの大企業が多くの企業と連携して進めるこのプロジェクトは
成功すれば確実に世界に大きな改革をもたらします。

今後はさらなるシステムの詳細開発が進められるはずなので

状況をチェックしていきます!

それでは皆さん、よいITライフを!

※Libraに関する最新ニュースはこちら↓



最新情報をチェックしよう!