「ハードウェアとソフトウェアとは?」

お疲れ様です。
うみんちゅ(@u_mintyu)です。

今回のIT基礎講座は

ハードウェアとソフトウェアについてです。

もはや一般的にも使用されているこの言葉、実はあんまり意味わかってないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

わかっていなくても大丈夫、IT知識ゼロの方でも1分で理解できます。

ということで、解説していきましょう。

ハードウェアとは

ハードウェアとは、コンピュータの物理的な構成要素のことです。

「物理的な構成要素」なんていうと小難しい表現ですが


要するに、【実体があるもの】ですね。


手に取って触ることができる部品のことだと思っていただいてかまいません。


具体的なハードウェアは以下の通りです。

・CPU
・メモリ
・キーボード
・HDD(ハードディスク)
・マウス
・プリンターやスキャナー等の周辺機器
etc.
 

IT業務でよく耳にする言葉として

ハードウェア保守契約

ハードウェア障害

なんてものがあります。これらはすべて上記の機器に関することです。


サーバやネットワーク機器(ルータ/ファイアウォール等)についても、ハードウェアの概念は同じです。

障害時はまずハードから疑え!なんて言葉もあるくらいですね。

ソフトウェアとは

ソフトウェアとは、コンピュータを動かすためのプログラムのことです。

難しい表現をすると、論理構成要素ってやつです。


ハードウェアを動かすためのモノですね。

そんなソフトウェアは大きく2つに分けれられています。

コンピューター自体を制御するオペレーティングシステム(OS)を指す言葉
OSとは、キーボードから入力した文字が画面に表示される、マウスやタッチパッドを操作するといった基本的な機能を提供するプログラムです。
OS以外のソフトウェア全般のことです。
代表的なのは、ExcelやWordなどですね!数えきれないくらいの種類があるので、とりあえずは「OS以外はアプリ」の認識でよいでしょう。


ハードウェアを動かすための処理手順プログラム(OS)や、文書やイラストを作成するプ ログラム(Excelとか)などがありますね。


※OSってなに?という方は別記事で解説していますので、ご参照ください




「プログラマー」いわれるエンジニアの方々は、このソフトウェアを作成していることになります。

ハードの特性を理解したソフトウェアを搭載する必要があるため、両方の知識が必要ですね。

ハードウェア/ソフトウェアのまとめ

超初心者向けのハード&ソフト解説でした。

なんとなくでも理解していただけたら十分です!


改めてポイントをまとめます!

・ハードウェア/ソフトウェアはコンピュータを構成する二大要素

・ハードウェアは物理構成要素:【実態があるもの】

・ソフトウェアは論理構成要素:ハードウェアを動かすためのプログラム

 

実際にシステムを構築する際には、ハードウェアは結構気にしないといけません。


物理的な機械なので、設置場所や運用方法について吟味しないと後から苦しむことになります。

・ケーブルを間違えて引っこ抜いた
・新しくサーバを導入したいけど、設置場所がない
・新しい機器購入したいけどお金がない
etc.



起こりうるであろう色んな問題と対策を考えることが大切ですね!
こういった物理的な問題にとらわれないようにする「仮想化」という技術もありますが

そちらはまた別の記事で紹介しますね。

それでは皆さん、よいITライフを!

最新情報をチェックしよう!