資格/試験対策 勉強のモチベーションをあげる5つの方法

お疲れ様です。
うみんちゅ(@u_mintyu)です。

以前、「効率的な勉強法」の記事を書きましたが
今回はそのPart2となります。


うみんちゅは新卒未経験でIT業界に入社し、4年間で3つの国家資格と6つのベンダ資格を取得しています。(年間2~3のペースですね)
自分の経験上、合格の秘訣は頭の良さではなく続けられるか否かです!

何だが勉強に身が入らないという方に向けて、「モチベーションをあげる方法」について紹介します。
資格試験に限らず、学校のテスト勉強に身が入らないという方にも参考にしていただけると幸いです。

最初から完璧を目指さないこと

教科書や参考書を最後まで完璧に理解してから問題集に取り組もうと考えいる方は、まず挫折します。(もしくは時間が足らずに本番を迎えます)

理解できない範囲があったとしても、先に進みましょう!

一つの単元ごとに問題集を解くようにします、そこで理解できなかった問題については
解説を見て「ふーん」といった程度にとどめるのです。

I太郎
I太郎

でも、わからないままにしておく方と不安になっちゃうんだよね

わからないものを残す不安もわかりますが

無理に時間をかけてストレスを抱える方が問題です。

あとで振り返ると「こういうことだったのか」と気づくことがたくさんあります。

点の知識として身についていたものが、いつのまにか線の知識へと膨らんでいく感覚がモチベーションUPに繋がるはずです。

POINT
POINT

わかるところから進めていこう!

理解できない知識や問題が出てくることを喜ぶ

これは完全にマインドの話になります。

勉強をしていく中で一番モチベーションが下がりやすいのは、難しい単語や理論を理解できないストレスです。

大抵の人はこのストレスに負けて勉強を挫折してしまいますが

本試験までに理解しておけばよいのです。

「理解できない知識の量=自分が進化できる可能性」です。

プラス思考でいきましょう!

試験を受ける頃には、進化した自分の力に驚くはずですよ。

T之助
T之助

自分を進化させるために勉強をするのですからね!

POINT
POINT

プラス思考でストレスを減らそう!

勉強仲間をつくろう(SNSを活用する)

勉強をしているという状況を共有できる仲間を作ることは大切です。
(同じ時間に一緒に勉強をするというわけではない)

おすすめの方法は、TwitterなどのSNSで勉強アカウントをつくることです。

SNSでの活動にばかり注力しては本末転倒ですが
同じような目的でSNS活動をしている方はたくさんいます。

効率的な勉強方法の共有や、わからない問題を質問したり、自分が質問をされたりすることで、勉強がより日常的に感じるとともに楽しさがでてくるはずです!

実際にうみんちゅはIT資格アカウントを作成して情報交換をしていますよ。

I太郎
I太郎

勉強中はスマホさわっちゃいけないと言われているのに..!?

T之助
T之助

いや、勉強している真っ最中は違いますよ

POINT
POINT

SNSを上手に活用しよう!

理解できない知識は共有すること

理解できない知識で行き詰った時には、友人やSNSで他人と共有するのです。
( SNSで勉強アカウントを作成することで最も大きなメリットはコレです!)

自分一人では解決できない問題も、他の人の視点や知識から解決できる場合が多々あります。

InputとOutputの機会をつくることが勉強の秘訣です。

教科書/参考書とにらめっこばかりしていては、Inputしかできません。
友人やSNSで発信してOutputすることでより効果的に知識の定着が見込めるのです!

POINT
POINT

InputとOutputの両方を意識しよう!

「スキマ時間」を有効活用しよう!

I太郎
I太郎

部活があってなかなか勉強の時間とれないな~

T之助
T之助

勉強の時間は意識して作らないとなかなか実行に移せません、スキマ時間を見つけて有効活用しましょう!

学生の方は部活やバイト、社会人の方は仕事があるため、なかなかまとまった勉強時間は作りづらいと思います。

しかし、日常生活を整理してみると、スキマ時間がたくさんあるのではないでしょうか。

・通勤/通学電車の中
・昼休憩の合間
・トイレの中
・作業の待ち時間

などなど

ちょっとした時間を有効活用して、勉強の習慣をつけてしまいましょう!

「勉強時間は作るもの」という意識が大切です。

POINT
POINT

スキマ時間を有効活用して勉強の習慣化をしよう

まとめ

今回紹介した勉強のモチベーションをあげる方法は以下の通りです。

・最初から完璧を目指さず、わかるところから進める

・教科書/参考書を読破してから問題集ではなく、単元ごとに問題集を解く

・「わからない=自分の伸びしろ」、プラス思考でストレスを減らす

・SNS等で勉強仲間をつくる

・理解できない知識は共有する(InputとOutput)

・勉強時間は作るもの。スキマ時間を活用する!

モチベーションがあがらないと勉強は続きませんよね。
無理せず、自分なりの方法でチャレンジしてみてください!

それでは皆さん、よいITライフを!

最新情報をチェックしよう!