【AWS資格対策】AWS Well-Architectedフレームワークについて

AWS

 

AWSってなんですか?という人でも、当ブログと通してAWS ソリューションアーキテクト アソシエイト試験に合格する手助けをします!

 

今までもいくつか記事を書いていましたが、一回忘れてください。

 

もう一度すべて書き直しますので!

 

AWS Well-Architectedフレームワークとは?

 

I太郎
フレームワークってそもそも何??
T之助
ビジネス用語のひとつで、「共通して用いる考え方」のことですね!
AWSが最初にクラウドサービスを開始したのは2006年からですが、それ以来10数年間にわたり様々なユーザニーズに対応したサービスを展開しています。
そんな多くの経験をひとまとめにしたのが「AWS Well-Architectedフレームワーク」です。
 
ユーザがAWSのサービスを利用するうえで、「こうすればうまくいくよ!」という指標を提示してくれているのです。
 
T之助
これを「ベストプラクティス」と表現します。
 
 

Well-Architectedフレームワークの構成

 

このフレームワークは、5つの項目と各項目のチェックリストで構成されています。

AWS上で構築するシステムが、ベストプラクティスに沿っているかを確認できるのです。

 

Well-Architectedフレームワークにおける5つの項目下記の通りです。

重要なので、しっかりチェックしましょう!

 

① 運用上の優秀性

② セキュリティ

③ 信頼性

④ パフォーマンス効率

⑤ コスト最適化
 
I太郎
と言われましてもね、覚えづらいし意味わかんないです。
T之助
それでは、各項目を解説しましょう。
 
 

Well-Architectedフレームワークの5つの項目について解説

 
5つの項目について、それぞれ解説していきます。
 

運用上の優秀性

 

運用とは「システムを動かすこと」だと思ってください。

AWSで構築したシステムがビジネスとして価値を提供し続けるために何を考慮すべきかを記載している項目です。

 

この項目で記載されている主なトピックは以下です。

・システムのモニタリングや構成変更

・継続的な運用プロセス

・手順の改善

・通常/障害時の運用業務

 etc.
 
I太郎
「どうやって動かしていけばいいか」を記載している項目だね!
 

セキュリティ

 

セキュリティの項目では、「AWSで構築したシステムとデータをどのように保護するか」を記載しています。

 

主なトピックは以下の通りです。

・データの機密性や整合性

・権限管理について

・セキュリティイベントの監視や制御

etc.
 
T之助
AWSに限らず、セキュリティは非常に重要な項目です。
 

信頼性

 

この項目では「障害の防止、障害時の復旧」について記載しています。

 

信頼性とは、「ユーザがシステムをどれだけ信頼できるか=サービスがどれだけ止まらないで使用できるか」を意味しています。

 

主なトピックは以下の通りです。

・障害時における動的なコンピューティングリソースの獲得

・可用性の高いアーキテクチャ

etc.
 
I太郎
「トラブルによりサービス一時停止」なんてことが多発すると、信頼性は低いってことだね。
 
 
 

パフォーマンス効率

 

この項目では「コンピューティングリソースの効率的な使用」について記載されています。

簡単に表現すると、「省エネで良い効果を発揮するにはどうするか」ですかね。

 

主なトピックは以下の通りです。

・性能や需要に応じたリソースタイプの選択

・パフォーマンスのモニタリング

etc.
 
 
わかりやすい例を挙げると、Windowsのタスクマネージャーは「パフォーマンスにモニタリング」に該当します。
 
Windows OSのPCを利用されている方は、「Ctrl + Shift + Esc」を押してみてください。
現在起動しているアプリケーションとCPUの使用率が見れるはずです。
 

コスト最適化

 

この項目では「不要なコストの回避や最適化」について記載しています。

 

パフォーマンス効率の項目と関係性の近い項目でもあります。

無駄な費用を使わないようにしましょう!ということですね。

 

主なトピックは以下の通りです。

・適切なコストの把握

・最適なリソース対応の選定

・需要に応じたシステムのスケーリング

etc.
 
T之助
使用されないサービスをいつまでも稼働させているのは「コストの無駄」になりますよね。
 

AWS Well-Architectedフレームワークのまとめ

 

AWSを利用するうえで、重要なベストプラクティスが「AWS Well-Architectedフレームワーク」です。

AWSの公式ページで無料公開されているホワイトペーパーなので、AWS上でシステムを構築・運用する際に参照し、ベストプラクティスに沿っているかを定期的にチェックすることが大切です。

 

・AWSを利用するうえでのベストプラクティスである

・5つの項目とチェックリストで構成されている

・各項目のベストプラクティスに沿って運用しているか定期的な確認が推奨されている
 
 
T之助
次回は「インフラストラクチャの概要」について解説します
 
 

最新情報をチェックしよう!